更年期の症状を和らげる方法はコレ!症状がウソのように軽くなる

こんな症状が出ていたら要注意!

閉経前後は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に落ちるので、心身ともに様々な症状をもたらします。中でもよく見られる症状をランキングにまとめてみました。

更年期にみられる症状トップ5

悩む人
no.1

のぼせや体の火照り

体を動かしていないのに急にカーっと体が熱くなるのが更年期によくある症状です。自律神経が乱れると首や背中を汗がつたうでしょう。

no.2

精神的な症状

のぼせの症状の次に多いのがイライラや不安感に襲われる精神的な症状です。うつ病によく似ていて、精神科を受診する方もいます。更年期にいるものなら、適切な治療で症状を和らげることができます。

no.3

疲労感がある

更年期に伴い、ホルモンバランスが崩れて全身がだるくなることもあります。特に激しく動いたわけでもないのに疲れやすくなるので、家事ができなくなる程ひどくなるケースもあります。

no.4

性行為の変化

女性ホルモンの影響で、性行為に対する変化も出始めます。よく見られるのは、性行為時の痛みです。この影響で性行為に対して嫌悪感が出たり、拒否感が生まれたりします。

no.5

耳鳴りとめまい

自律神経が乱れているので、血管運動系の機能にも何かしらの影響を及ぼします。血圧も安定しづらくなりますから、めまいや耳鳴りが長期間続きます。

更年期の症状を和らげる方法はコレ!症状がウソのように軽くなる

カウンセリング

更年期を上手く乗り越える方法

更年期の症状で大分ストレスが溜まるので、適度に体を動かすといいでしょう。ストレスが解消されれば、睡眠の質が上がり、朝までぐっすり眠ることができます。おすすめの運動は、ウォーキングや水泳です。ラジオ体操で体を大きく動かしてもいいでしょう。家で一人閉じこもっていると、気分が沈み更年期の症状を余計ひどくします。それを避けるためには、積極的に外出をしたり人とおしゃべりをしたりして気分を紛らわすことが重要です。

女医

病院で受けられる治療

更年期によく効くといわれるサプリメントには、古くから伝わる漢方、高麗人参やプラセンタ、大豆イソフラボンマカ、エクオールなどが多く含まれています。自律神経を整え、且つ女性ホルモンを上手く調整してくれますから、更年期の症状を改善するのにうってつけの商品です。一方、更年期障害は病院でホルモンを補充する治療でよくなるケースもあります。うつ状態が続いている場合は、心理的な部分で問題が発生しているのでカウンセリングが不可欠です。サプリメントでは効果が出なかった場合の最終手段として病院受診を考えておきましょう。

広告募集中