糖尿病の食事で症状は治まる!他の病気も治療で乗り切れる

医者

更年期は糖尿病になりやすい

男性女性問わず、糖尿病に悩まされる人はとても多いです。特に更年期に差し掛かった年代の女性は、糖尿病を患いやすいというデータも出ていて対象年齢の方は特に注意が必要です。原因は、閉経後にある女性ホルモンの減少です。このホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つありますが、これらのホルモンがあるおかげで女性らしいふっくらとした体を作ることができます。さらに、コレステロールの増加を抑制したり、脂肪と筋肉のバランスを整えたりする作用もあり、とても重要なものとされています。そんな役目のある女性ホルモンも30歳を目前に少しずつ減り、閉経後には半分以下しかありません。エストロゲンが急激に減ればホットフラッシュ、倦怠感、頭痛、めまい、下肢静脈瘤の症状が出始めてとても辛いでしょう。血糖値も上がりやすくなりますから糖尿病の食事を取り入れたりエクオールが含まれたサプリメントを服用したりなどの対策が不可欠だといえます。なお下肢静脈瘤の場合は病院で詳しい検査を行ない、手術をしなければいけませんが治療をすれば完治が見込めます。

診察室

こんな症状にも注意が必要

糖尿病にかかると、尿意が弱くなり人によってはそれすら消失する恐れがあります。たとえ排尿筋が衰えても、軽度の神経障害なので腹圧により排尿が可能となります。また症状が進むと、前立腺肥大症や、尿閉、肝臓機能に大きな障害を引き起こすこともあり、糖尿病になった際は埼玉の病院にある泌尿器科で診察と詳しい検査を行う必要が出てきます。糖尿病と言えば、生活習慣病の一つですが、実はがんも同じです。野菜や果物は、がん細胞を体内で解毒する効果があるので積極的に食べている人の方ががんになりにくいのです。逆に食生活が悪いとがんになる確率は上がるでしょう。がんを発症させる飲酒や喫煙も極力避けた方が無難ですね。とはいえ、がんを患っても免疫細胞治療をしたり、日々の食事に気を付けたりさえすれば、病に倒れることはありません。

糖尿病の食事と普通の食事の大きな違い

糖尿病の食事

基本的に脂質量が低めで、肉料理もそこまでカロリーはありません。砂糖の代わりに甘味料を使うので糖尿病を患っている人でも、砂糖を使う料理を堪能することができます。また、塩分も控えめなので一般的に食べられているメニューより味付けは薄めです。

普通の食事

一般の食事のカロリーは、一日で2000キロカロリーから2200キロカロリー前後です。対して、糖尿病の食事は、それ以下の1500キロカロリー~1900キロカロリーなので、何も制限しなかったら普通の食事の方が塩分、糖質、脂分も高くなります。

[PR]泌尿器科医院なら埼玉で受診しよう
身体の不調を撃退☆

[PR]免疫細胞治療を行なってる専門医院を紹介
病気を撃退☆

[PR]糖尿病の食事療法の特徴を解説!
血糖値を下げることが大切!

[PR]下肢静脈瘤の日帰り手術が受けられる!
優良医院を大公開♪

[PR]更年期の症状セルフチェック
身体の不調の原因を知ろう

健康情報

ドクター

免疫細胞治療でがんをやっつけたい!その前に知りたい免疫療法の種類

がん治療でお馴染みの免疫細胞治療について解説しています。Q&Aでは、皆が疑問に思うことに回答しています。免疫細胞治療に興味のある方はこちらまで。

READ MORE
カウンセリング

更年期の症状を和らげる方法はコレ!症状がウソのように軽くなる

更年期の症状によくあるものをランキングで紹介しています。改善する方法についても記載しているので、更年期に入る方は目を通しておきましょう。

READ MORE

健康になった人の声

看護師

よく眠れるようになった

糖尿病は喉が異常に乾くので、しょっちゅう飲んでいました。その影響なのか、夜中トイレに起きることが多く睡眠の妨げになっていました。埼玉の泌尿器科を訪れて治療をしたところ、神経障害によるものというのがわかり、即刻治療をしました。おかげで今ぐっすりと眠れています。

治療へ前向きになれる

大好きな祖母ががんになり、余命幾ばくもない感じでした。本人も、がんになんか負けたくないという強い気持ちがあったため、家族と相談をして免疫細胞療法に切り替えることを決意いたしました。本人の免疫を最大限に活かした治療なので治療の副作用はほとんどなく、今も元気です。

すっかり元気に

食生活の内容が悪く、とうとう糖尿病になってしまった。落ち込んでいてもしょうがないので、血糖値をコントロールするために食事の見直しから始めた。すると、次の検診で血糖値が安定していると褒められ、今もその状態を維持している。食事って大事なんだなぁと改めて気づかされた。

広告募集中